会社案内

ご挨拶

株式会社 東亜のホームページをご覧いただきありがとうございます。

弊社は昭和44年の創業以来東京都大田区を基点とし、精密部品加工を行ってまいりました
今後もなお一層技術に磨きをかけ、より質の高い製品を生産し、社会に貢献したいと思う所存です。

何卒、皆様のより一層のご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。



代表取締役  松尾 和仁
株式会社 東亜

会社概要

社名 株式会社 東亜
代表 松尾 和仁
役員 取締役  松尾 桂一
監査役  松尾 禮子
所在地 【本社】
〒144-0046
東京都大田区東六郷3-25-7
TEL: 03-3735-6111
FAX: 03-3735-6114

【第二工場】
〒144-0045
東京都大田区南六郷1-28-21

【第三工場】
〒144-0044
東京都大田区本羽田2-8-20
TEL: 03-6423-9777
FAX: 03-6423-9778
URL http://www.kk-toa.jp
E-MAIL info@kk-toa.jp
営業品目 金属加工

【生産品目】
■鋳鍛鋼弁用デスク及びシートリングの製造販売、受託加工
■鋳鍛鋼弁用備品の製造販売、受託加工
■シールド工具及び都市土木工具ボディ加工
■ステライト溶接、タングステンカーバイト溶接
耐摩材の肉盛、TIG溶接等特殊溶接溶着の施工
■フライス加工旋盤加工全般
■金属製品の研磨鍍金表面処理等総合管理
■バルブ、配管部品の販売
■プラント、装置、部品の製造販売


【加工材料】
アルミ材・SC材・SS材・SUJ2材・SUS材・SCM材・SCR材
資本金 1,000万円
設立年月日 昭和44年4月1日
従業員 21名(職員7名 工員12名 溶接2名)                    有資格 SUSTN-F  SUSTN-V  SUSTN-H  SUSTN-O  SUSTN-1F
主要取引先 (順不同・敬称略)
石田バルブ工業株式会社
株式会社 キッツ
喜守工業 有限会社
河南バルブ工業株式会社
斉藤遠心機工業株式会社
株式会社 タンガロイ
東芝プラントシステム株式会社
東洋バルブ 株式会社
株式会社 トヨミツ
平田バルブ工業 株式会社
富士電機システムズ株式会社
マツモト産業 株式会社
(小松ゼノア・トーカロ他)
株式会社 三尾製作所
米喜バルブ 株式会社
株式会社 リョウテック
(株式会社 三菱マテリアル)
関連会社 【購入先】
1.資材部門
ウツエバルブ株式会社
清水金属株式会社
株式会社昭和綱機
株式会社テックイトウ
DCV-Japan株式会社
伊達製鋼株式会社
チカラ工業株式会社
巴バルブ株式会社
中部マテリアル株式会社
ユアサ商事株式会社
ユタカスチール工業株式会社
米喜バルブ株式会社(東海)


2.加工部品
協力工場10数社

3.熱処理
三光熱処理株式会社
株式会社高橋焼入工業所


4.表面処理
有限会社冨硬質クローム
株式会社オーネックス
有限会社日光金属工業
取引先銀行 さわやか信用金庫 蒲田支店
城南信用金庫 六郷支店
株式会社東日本銀行 蒲田支店
三井住友銀行 六郷支店

沿革

昭和44年04月01日共同経営東亜カッター製作所を設立。
バルブ部品の加工及び通信機器部品の加工を始める。
昭和44年12月09日資本金200万円にて株式会社東亜カッター製作所に組織変更、代表取締役に佐々木隆夫就任。
バルブ部品の製造販売の充実を計る。
昭和52年03月14日代表取締役佐々木隆夫が代表職を辞任し、取締役松尾和仁が代表に就任。
代表職の交替に依り、バルブ業界へなお一層の浸透を計る。
昭和55年04月17日東京都品川区東中延2丁目から現本社工場
東京都大田区東六郷3丁目25番地7号へ移転
代表取締役松尾和仁購入の新工場への移転に依り、生産能力の拡大
と溶接設備等事業規模の拡張を計る。
昭和55年05月05日株式会社東亜と商号を変更する。
昭和55年12月20日資本金500万円に増資完了す(全額払込済)

平成03年02月21日

長年の他業種への受注拡張、上場会社との直接取引きへ向けての体質改善等の努力が幸いを奏し、東芝タンガロイ株式会社より社長表彰される。
平成05年01月22日平成不況に鑑み、より一層体質の強化向上を計る為、前記第二工場を購入開設し、次回不況への対応を画す。
平成06年02月28日資本金1,000万円に増資完了する(全額払込済)
平成16年12月15日松尾 桂一  取締役に就任
平成21年01月05日プラント事業部発足。
プラント事業部部長として六野勝彦就任。
平成21年04月01日松尾 桂一  取締役に就任
プラント事業部担当役員として事業部の充実発展を画す。
平成21年04月01日創業40周年を迎える
今日に至る。